看護師資格を活かした医療フリーエンジニア

看護師は、医療現場で重要な役割を果たす。患者のケアに対して高い能力があり、医師をサポートして医療活動に従事している。看護師資格を取得することができれば、医療現場の最前線で働く道がある。

その一方で、医療に携わる人たちをサポートする役割としての働き方もある。看護師資格を活かして、医療機器開発のフリーエンジニアという働き方の選択肢もある。
医療機器は、直接的な治療に加えて、患者のケアに用いられるものも多い。そのため、使用感が医療機器開発には特に重視すべき点である。その場合、実際の患者と親密にコミュニケーションを取ることができる看護師の素質が適している。看護師として身につけた実力を医療機器開発に活かせば、患者にとって体に負担のないケアが、各地の医療機関で提供できる。

エンジニアの採用では、有している資格もまた能力として評価される。看護師資格という強みを活かすことで、医療機器の開発現場でも有利に仕事の案件を選ぶことができる。
医療に対して貢献することができる働き方には、看護師という立場以外にも自由な手段がある。さらに加えて、フリーエンジニアという立場から、多様な医療機器の開発現場で自身の能力を発揮される。
フリーエンジニアとして開発を手がけてきた医療機器が、病院や診療所、あるいは在宅ケアなどで用いられるようになれば、技術者として行ってきたこれまでの仕事に対して、強い誇りを持つことができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です